コンテンツにスキップする

「闇市場」での取引は禁止へ-ボクサー米上院議員のCO2関連法案

米下院で先月可決された「キャッ プ・アンド・トレード方式」導入法案の新バージョンを作成している バーバラ・ボクサー米上院議員(民主、カリフォルニア州)は、同議 員が提案する法案では、店頭市場あるいは「闇市場」での二酸化炭素 (CO2)排出権取引が厳しく抑制される見通しであることを明らかに した。

上院環境公共事業委員会の委員長を務めるボクサー議員は20日、 議会でのインタビューで、この温暖化ガス排出削減プログラムによっ て創出される排出権とそれに基づいたデリバティブ(金融派生商品) について、「開放的で透明性の高い」取引のみが認められると述べた。

民主党議員の間では、店頭取引を通じた投機が抑制のきかない状 態となり、それが業界や消費者に悪影響を与える可能性があるとの懸 念が広がっており、ボクサー議員はこのような見方に対応している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE