リオ幹部社員の中国でのスパイ容疑、米SECから訴追のリスクも

英・オーストラリア系リオ・テ ィントの幹部社員らが中国政府にスパイ容疑で身柄を拘束された事件 は、海外で事業展開する企業が米国の法執行機関に訴追されるリスク を再認識させるものだと法律家らは警鐘を鳴らす。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。