米議員が政府を批判、金融安定化資金の用途めぐる情報開示不適切で

複数の米議員がオバマ政権に対 し、米金融安定化法に基づく公的資金7000億ドル(約65兆5000億 円)の用途について、国民への情報開示が不適切だと批判した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。