米モルガンSの元幹部、有罪認める-会社の金で高級車などを購入

7年間で会社の金を250万ドル(約 2億3000万円)使い込んだとして起訴された米金融大手モルガン・ スタンレーの元バイスプレジデント、リチャード・ガラベンタ被告 (37)が21日、有罪を認めた。

モルガン・スタンレーで業務部門を担当していたガラベンダ被告 は、マンハッタンのニューヨーク州地裁での罪状認否で重窃盗罪と業 務記録改ざんの罪を認めた。起訴状によれば、同被告は2001年から 08年まで、自身が設立したNYトランスファーと呼ばれる企業向けに 50枚の小切手を切ったとされる。9月15日に下される判決では、2 年から6年の禁固刑が言い渡される見通し。

検察によると、ガラベンダ被告は当時在籍していたモルガン・ス タンレーの社内口座から小切手を通じて、JPモルガン・チェースに あるNYトランスファーの口座に入金した。盗んだ金は、高級車や造 園、宝飾品、旅行などに使ったとされる。

-- Editors: Mary Romano, Glenn Holdcraft

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Karen Freifeld in New York State Supreme Court in Manhattan at +1-212-617-5387 or kfreifeld@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE