膨らむ英財政赤字、6月は93年統計開始以来で最大-ポンド売り圧力に

【記者:Gonzalo Vina】

7月21日(ブルームバーグ):英国の6月の財政赤字が130億ポン ド(約1兆9900億円)に膨らみ、月間としては1993年の統計開始以 来で最大となった。過去30年で最悪の景気下降の影響で税収が急減し、 失業保険申請件数が増加していることが背景にある。

英政府統計局(ONS)が21日発表した6月の財政赤字は、前年 同月の75億ポンドの倍近くに達した。ただ、ブルームバーグ・ニュー スがエコノミスト13人を対象に実施した調査の予想中央値(155億ポ ンド)よりは小幅の赤字にとどまった。歳出が2.8%増える一方、税収 は5.7%減少した。

英国では、ブラウン英首相が次回総選挙後に大幅な歳出削減が不可 避であることを認めず、有権者を欺いているとして、野党第1党の保守 党が批判を展開するなど、公的借り入れの規模が政治論争に火を付けて いる。国際通貨基金(IMF)も先週、リセッション(景気後退)が終 息した段階で、ブラウン首相が財政赤字の縮小を図る「信頼に足る」計 画に取り組まなければ、ポンドが売り圧力にさらされる危険を冒すと警 告した。

アーバスノット・バンキング・グループのエコノミスト、ルス・リ ー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「これらの数 字にはがくぜんとさせられるばかりだ」と指摘。「総選挙後の新政権は、 市場の信認をつなぎ留めるためにかなり劇的な措置を講じる必要がある。 英国は今後3、4年、非常に厳しい時期を経験することになりそうだ」 と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE