豪BHP:鉄鉱石生産、4-6月は10%減-鉱山事故や拡張工事で

世界最大の鉱山会社、オーストラ リアのBHPビリトンは22日、豪ウエスタンオーストラリア州での鉱 山事故や拡張工事の影響で4-6月(第4四半期)の鉄鉱石生産が 10%減少したと発表した。

BHPが発表した文書によると、4-6月の鉄鉱石生産は2705 万トンと、前年同期の2992万トンから減少した。競合する英豪系リ オ・ティントの4-6月の鉄鉱石生産は前年同期比で8%増加した。

BHPは、世界の商品需要は引き続き軟調だったと指摘し、鉄鉱 石生産は今後も豪州での拡張工事の影響を受けるとの見通しを示した。 同社の鉄鉱石部門の責任者、イアン・アシュビー氏は5月、通期の鉄 鉱石生産は鉱山事故の影響で目標の1億3000万トンを「数百万トン」 下回る可能性があるとの見方を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE