米ヤフー:7-9月の売上高見通し、市場予想下回る

インターネット検索で米2位の ヤフーは21日、2009年7-9月(第3四半期)の売上高について、 オンライン広告の落ち込みが響くとして、アナリスト予想を下回る見 通しを示した。これを受けて株価は時間外取引で一時、2.9%下落し た。

ヤフーの発表文によると、総売上高は14億5000万-15億5000 万ドルになる見通し。サンフォード・C・バーンスティーンのアナリ スト、ジェフリー・リンゼー氏は15億6000万ドルを見込んでいた。

ヤフーはオンライン広告業界全体の低迷や検索市場を圧倒してい る米グーグルとの競争激化に直面している。調査会社Eマーケターの 予想によると、今年の米オンライン広告の伸びは4.5%と、昨年の 11%から鈍化する見通し。ヤフーは人員削減や一部サイトの閉鎖で収 益てこ入れを図っている。より多くのインターネット利用者や広告主 を引き付けるためホームページも刷新した。

ベンチマークのアナリスト、クレイトン・モラン氏は「広告市場 はまだ底入れしていない」とし、ヤフーの「決算は失望感を誘うもの だ。7-9月期も予想を下回っている」と指摘した。

決算発表後のヤフーの株価は時間外取引で一時、48セント安の

16.27ドルとなった。通常取引終値は16.75ドル。年初来騰落率はプ ラス37%。

キャロル・バーツ最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電 話会議で「景気の先行きについては、底辺で推移すると容易に予想で きる」とする一方で、「しかし、実際には市場でさまざまな情報が交 錯しており、判断するには時期尚早だ。こうした中での当社の目標は、 自分たちの事業を運営することだ」と述べた。

同社がこの日発表した09年4-6月(第2四半期)決算は、純 利益が1億4140万ドル(1株当たり10セント)で、前年同期の1億 3120万ドル(同9セント)から増えた。一部項目を除いた1株利益は 16セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想では14セント が見込まれていた。

提携先サイトへの支払い分を除いた売上高は11億4000万ドルと なり、アナリスト予想と一致した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE