イオン:農業に参入、PBで小松菜やキャベツ販売へ

国内流通グループ2位のイオンは 22日、茨城県牛久市で遊休地を利用した農業に参入し、プライベート ブランド(PB)の農産物を提供すると発表した。同市から農地を賃借 し、生産から物流、加工、販売まで一貫して携わる、新たなビジネスシ ステムを構築していく。

同社は10日付で、農業事業を担う全額出資子会社「イオンアグリ 創造」を設立した。

牛久市から賃借した2.6ヘクタールの農地で、小松菜や水菜、キ ャベツなどを9月から生産。初年度に300トンを収穫し、茨城県や千 葉県を中心とした関東地方の「ジャスコ」約15店舗で販売する。3年 後には農地を15ヘクタールにまで拡大する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE