米国民の負債残高が52年以来の減少、失業率上昇で貯蓄志向高まる

トルーマン元大統領の在任中以来で 初めて米国民の借金が減少している。米財務省が過去最大規模の国債発 行を進め、失業率上昇に伴って貯蓄率が高まるなか、低金利の持続につ ながる一つの現象かもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。