中国の10年債入札:無難に通過-インフレは引き続き抑制との観測で

中国財政省が22日実施した発行 予定額260億元(約3570億円)の10年物国債入札は、インフレが 引き続き抑制されるとの観測から無難に通過した。

中国の中信銀行(Citic銀行)や中国建設銀行のトレーダー が匿名を条件に語ったところによれば、10年債の平均落札利回りは

3.48%、最高落札利回りは3.51%だった。応札倍率は1.88倍で今 年の入札の平均1.5倍を上回ったという。

興業証券(上海)の債券アナリスト、唐国輝氏は「インフレ期待 は現時点でさほど高くないため、投資家は依然として長期債の購入に 意欲的だ」と指摘。「短期債の入札で札割れが起きたのは、中国人民銀 行(中央銀行)が短期金利の上昇を容認したことが背景にある」との 見方を示した。

今月実施された償還期限がより短い短期証券を含む入札では、中 国の4兆元規模の景気刺激策が株式や不動産市場のバブルにつながる との懸念から3度にわたり札割れが起きている。

--Belinda Cao, Judy Chen. Editor: Sandy Hendry, James Regan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Belinda Cao in Beijing at +86-10-6649-7570 or lcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE