バーナンキFRB議長:インフレ懸念は「見込み違い」、抑制は可能

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は21日、米下院金融委員会での証言で銀行業界の準備 積み上がりを背景とするインフレ懸念は「見込み違いだ」と述べた。 同議長はまたターム物資産担保証券融資ファシリティー(TALF、 資金枠最大1兆ドル)についても以下の通り発言した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。