英ロイズ、10年末までに評価損500億ポンド計上も-パンミュア

パンミュア・ゴードンの銀行ア ナリスト、サンディ・チェン氏によれば、英銀ロイズ・バンキング・ グループは2010年末までに評価損として500億ポンド(約7兆 7000億円)を計上する見通しだ。英国の失業増加に伴い不良債権が 大幅増加することを理由に挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。