米CIT:4-6月赤字は15億ドル超、破産法適用申請の可能性残る

米商業金融CITグループは21 日、4-6月(第2四半期)の決算が15億ドルを超える赤字になった もようだとして、来月の社債買い戻しの結果次第では破産法に基づく 会社更生手続きの適用を申請する可能性があるとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。