米KKR:インベブの中・東欧資産買収を断念、資金調達難で-関係者

米投資会社コールバーグ・クラビ ス・ロバーツ(KKR)は、ビール最大手であるベルギーのアインハ イザー・ブッシュ・インベブの中・東欧資産の買収計画を取りやめた。 銀行からの資金借り入れが困難なためという。交渉に詳しい関係者3 人が明らかにした。KKRは5月にインベブの韓国部門を買収してい る。

交渉が非公開であることを理由に同関係者らが匿名を条件に語っ たところによれば、同資産に対してはCVCパートナーズとTPGキ ャピタルが買収案を今月27日に提出する予定。インベブが売却を目指 していた資産には、ハンガリーやブルガリア、ルーマニアの醸造所な どが含まれている。関係者によると、CVCとTPGも資金調達で苦 慮していることから、インベブは要求する26億ドル(約2440億円) を得られない可能性がある。

調査会社プレキン(ロンドン)のコミュニケーション部門責任者、 ティム・フリードマン氏は「現時点で負債融資を得るのは極めて難し い。投資会社がこのような規模の案件を実施するには数多くの自己資 本を投じざるを得ない」と語った。

プレキンによれば、信用危機で投資会社は企業買収向け融資を確 保できなくなり、合計5070億ドルの手持ち資金での投資に苦慮してい る。投資会社は通常、買収額の約3分の2を銀行融資から得ていた。 ブルームバーグがまとめたデータによれば、投資会社が今年発表した 企業買収は総額約400億ドルと、前年同期と比較して75%下回ってい る。

関係者はさらに、CVCが買収提案額の過半数以上を自己資本で 調達し、借り入れに必要な額の引き下げを計画していると付け加えた。 これにより、財源を完全に確保した買収案の提示が可能となり、優位 性を得ることができるという。

インベブ(ベルギー、ルーベン)の広報担当者、マリアン・アム ソムス氏はコメントを控えた。KKRやCVC、TPGからのコメン トは得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE