カナダ中銀:政策金利0.25%で維持-自国通貨高が景気回復を抑制

カナダ銀行(中央銀行)は21日、 政策金利を過去最低の0.25%で維持することを決定した。同中銀はま た、景気回復のペースが予想より速いとしながらも、カナダ・ドルの 上昇が景気回復の抑制要因になっていると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。