米コカ・コーラ:4-6月は増益、予想上回る-経費削減などが寄与

清涼飲料最大手の米コカ・コー ラが21日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算は、前年同 期比増益となり、市場の予想も上回った。出荷の増加と経費削減が寄 与した。

発表資料によれば、純利益は20億4000万ドル(1株当たり 88セント)と、前年同期の14億2000万ドル(同61セント)か ら増加。一部項目を除いた1株当たり利益は92セントとなり、ブル ームバーグがアナリスト9人を対象にまとめた予想平均の89セント を上回った。

販売や一般管理に関わる費用が前年同期比8%減少。一方、世界 の出荷量が4%増加した。

売上高は8.6%減の82億7000万ドル。前年同期は90億 5000万ドルだった。アナリスト予想平均では84億6000万ドルが 見込まれていた。ドル高により営業利益が14%押し下げられた。

原題:Coca-Cola Profit Beats Analysts’ Estimates as

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE