永易全銀協会長:総選挙後の政権、有効な経済対策の実行に期待

全国銀行協会の永易克典会長(三菱 東京UFJ銀行頭取)は21日の定例会見で、来月30日に実施される総 選挙に関連し、「対策を打ってもらえるなら最大限の評価をしたい」と 述べ、新たに誕生する政権に対し、景気回復を確実にする経済対策の実 行に期待感を示した。

来週発表予定の大手行の2009年4-6月期決算について、永易氏は 証券化商品や持ち合い株の処理損失は前期でほぼ出尽くしたが、与信関 連費用が高止まりし「驚きはないが、決してよくない」との見通しを示 した。

全銀協は同日、6月に金融庁から一部業務停止命令を受けた米シテ ィグループ傘下のシティバンク銀行に対し、厳重注意措置を取ることを 決めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE