中国当局の固定資産投資、3年間で275兆円突破も-中国建築工程社長

上海で新規株式公開(IPO)を 今月実施する中国最大の住宅建設会社、中国建築工程の易軍社長は21 日、中国の中央・地方政府による固定資産投資が今後3年間で20兆元 (約275兆円)を突破する可能性があるとの見方を示した。同社の建 設事業の拡大につながるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。