仏エルメス:4-6月は12%増収、日本は24%増-ケリーバッグ好調

フランスの高級ブランド、エルメ ス・インターナショナルが21日発表した2009年4-6月(第2四半 期)の売上高は、アジアで高額のケリーバッグの売れ行きが好調だっ たことから前年同期比12%増加した。

同社の発表資料によれば、第2四半期の売上高は4億4660万ユー ロと、前年同期の3億9810万ユーロから増加した。クレディ・スイス のアナリスト、ロジェリオ・フジモリ氏は4億1000万ユーロを見込ん でいた。

最低価格4000ユーロ(約53万円)のケリーバッグは、経済危機 で世界中の消費支出が打撃を受けたにもかかわらず、人気が落ち込む 兆しがなかった。エルメスは革製品を値引き販売せず、消費者は非常 にレアな一部モデルについては手に入れるまで数年間待つのを苦にし ない。

資料では「直営店での販売は特に力強い」とした上で、「7-12 月(下期)も投資を継続し、アジアや米国で10店舗余りを開店、改装 する」と説明した。

第2四半期の為替要因を除く売上高は前年同期比3.9%増と、1 -3月(第1四半期)の同4.7%減からプラスに転じた。

全体の2割以上を占める日本での売上高は同24%増と昨年の低 迷から回復しつつある。日本を除くアジアでは同37%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE