AMI株が午後ストップ高、iPhone向けにメールソフト有償供給

音声を文字変換する音声認証シス テムの開発を手掛けるアドバンスト・メディアの株価が、午後2時以降 に急上昇した。米アップルの多機能携帯端末「iPhone」「iPo d touch」向けに同社の音声認識メールソフトを有償販売し始めたこ とが明らかになり、今後の収益寄与などが期待された。

一時前営業日比4000円(9.1%)高の4万8000円と、ストップ 高(制限値幅いっぱいの上げ)まであった。午後2時から午後2時30 分までの約30分間で341株の売買が約定。同時刻までの累積出来高 440株に対する占有率は78%に上った。

AMIが午後2時に公表した報道資料によると、同社が今月19日 からアップルの多機能携帯端末向けアプリケーション・ダウンロードサ ービス・サイト「アップル・ストア」で販売を始めたのが、「音声認識 メールVer.1.0」。2010年1月まで、600円で提供するという。この ほか、無料体験版も用意している。

AMIはこれに先立ち、無料アプリケーションソフト「音声認識メ ールVer.0.9」を4月から配布、既に13万ダウンロードを突破した。 アップル・ストアのダウンロードランキングで2位に付けるなど、しゃ べった内容を文字化してくれる平易さが受けている。

同社広報担当の阿久津夢氏によると、「音声認識メーVer.1.0」の 目標ダウンロード数は非公開。ただ、「5月15日公表の10年3月期 業績予想の中には一部織り込んである」という。アップルの「iPho ne」シリーズの普及台数は推定1700万台。今回は日本語だけに対応 するが、「英語版の開発も検討中」(同氏)としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE