香港株(午前):10カ月ぶり高値圏でもみ合い-保険株が高い

午前の香港株式相場はもみ合い。 指標のハンセン指数が10カ月ぶり高値圏にあることから投資家の利益 確定売りが入り、米ゴールドマン・サックス・グループが株価見通し を引き上げたことによる保険株の上昇を相殺した。

契約者数で中国最大の携帯電話会社、チャイナ・モバイル(中国 移動、941 HK)は1.6%安。6月の同社市場シェアが60.8%と、1月時 点の78%から縮小していると香港英字紙サウスチャイナ・モーニン グ・ポスト(SCMP)が報じたことが材料。香港の建設会社、俊和 発展集団(711 HK)は純損失を計上したことが嫌気されて1.9%安。中 国最大の保険会社、中国人寿保険(2628 HK)と2位の平安保険(2318HK) はいずれも約2%高。ゴールドマン・サックスが両社の株価見通しを 引き上げたことが手掛かり。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前日比0.2%高の19539.83。前日に、昨年9月22日以来の高値で取引 を終了した同指数は、午前の取引で少なくとも14回は上下に変動した。 ハンセン中国企業株(H株)は同0.6%高の11658.89。

-- Editors: Nick Gentle, Patrick Rial

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or hwan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE