昭シェル:四日市製油所の第3常圧蒸留装置を18日から再開

昭和シェル石油は、グループ子会 社の昭和四日市石油・四日市製油所第3常圧蒸留装置(原油処理能力: 日量13万5000バレル)が18日から再開したことを明らかにした。同 装置は5月23日から定期修理のため停止していた。同社広報担当の宮 脇一郎氏が21日確認した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。