中国株(午前):上海総合指数、1年1カ月ぶり高値から反落

21日午前の中国市場で、上海総 合指数は1年1カ月ぶり高値から反落した。企業収益の伸びから見て 今年の株価上昇のペースは行き過ぎとの懸念に加え、新規の株式発行 で既存株の流動性が低下するとの不安から売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。