ヤマハ株1カ月ぶり上昇率、対ユーロ円安で採算改善期待

楽器で世界最大手のヤマハの株価 が連騰。第1四半期(2009年4-6月)の連結営業赤字が計画に比べ 拡大したとの観測が出たものの、為替の円安傾向や景気回復から第2四 半期以降の業績改善を見込む買いが優勢となった。またアナリストの間 からは、観測報道ほど業績は悪化しなかったとの見方も出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。