米FRB議長:低金利スタンスが長期間必要になる可能性大-WSJ紙

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は20日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルに寄稿 し、FRBが「長期間にわたって」緩和的な政策を維持する必要がある だろうとの見通しを明らかにした。同議長は「しかしある時点で、景気 回復が定着するにつれ、将来のインフレ再燃を回避するために金融政策 を引き締める必要があろう」と指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。