円が強含み、米国の「出口政策」警戒-議会証言控え午後伸び悩む

東京外国為替市場では円が強含 み。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の米紙への寄稿 を受け、金融緩和の「出口政策」への警戒感が強まり、相対的に金利 の高い通貨に振り向けていた資金を超低金利の円に巻き戻す動きが優 勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。