米TIの4-6月:56%減益、景気悪化の影響で-株価下落

米半導体メーカー2位のテキサ ス・インスツルメンツ(TI)が20日発表した2009年4-6月(第 2四半期)決算は、前年同期比で56%減益となった。世界的なリセッ ション(景気後退)で半導体需要が打撃を受けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。