債券相場は下落、米景気期待で株高-20年債入札前にスティープ化

債券相場は下落(利回りは上昇)。 米国で景気回復期待を反映した株高が続くなか、国内市場の株価も続伸 したことから債券売りが優勢となった。現物市場では新発10年国債利 回りがほぼ3週間ぶりの高い水準をつけたほか、あすの20年国債の入 札を前に利回り曲線にはスティープ(傾斜)化圧力がかかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。