米トウモロコシ先物:続伸-ドル相場下落で需要拡大観測高まる

:シカゴ商品取引所(CB OT)では20日、トウモロコシ相場が続伸した。世界の景気回復 に伴いトウモロコシを原料とする食料や飼料、燃料の需要が拡大す るとの観測が高まった。

MSCI世界指数は同日、一時1.5%上昇。米企業の業績改 善などにより先週は6.6%上げ、週間ベースでは過去4カ月で最 大の上昇率を示した。原油先物相場は4営業日続伸した。主要6通 貨に対するドル指数は6週間ぶりの安値まで下げ、原材料への投資 需要が強まっている。

ノースアメリカン・リスク・マネジメント・サービシズ(シ カゴ)の市場アナリスト、ジェリー・ガイデル氏は「穀物相場は株 価の上昇に連動している」と指摘。「ドル相場は下落に向かってい るようなので、それが輸出拡大につながる可能性がある」との見方 を示した。

CBOTのトウモロコシ先物相場12月限は、前週末比2.25 セント(0.7%)高の1ブッシェル当たり3.3375ドル。17日に は1.9%上げた。中心限月は今年に入って同日までに19%上昇し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE