ルービニ教授:米失業率は来年11%に達する可能性-CNBCに語る

米ニューヨーク大学のヌリエル・ル ービニ教授(経済学)は20日、経済専門局CNBCとのインタビュー で、米失業率が来年11%に達する可能性があるとの予想を明らかにし た。同教授は米経済が「急激な下降」にはないと指摘。「われわれは既 に最悪期を目にした」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。