ルービニ教授:米国は2010年初めに2000億ドルの景気対策必要な公算

米ニューヨーク大学のヌリエル・ ルービニ教授(経済学)は20日、経済専門局CNBCとのインタビュー で、米国が2010年初めに2000億ドル前後の新たな景気刺激策を必要とす る可能性があるとの認識を明らかにした。同教授は米失業率が10%に達 する中で、米政府は失業手当の給付期間を延長しなければならないと指 摘。州政府と地方自治体も連邦政府の支援を必要としていると語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。