NY金(20日):続伸、ドル安・原油高で需要高まる-948.80ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。 5週間ぶりの高値を付けた。ドル安と原油高を受け、代替投資とイン フレヘッジを目的とした需要が強まった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は6週間ぶりの安値。今週発表の欧米経済指標がリセッショ ン(景気後退)が緩和していることを示し、リスク回避のドル需要が 弱まるとの思惑が背景にある。原油相場はほぼ2週間ぶりの高値。

キャピトル・コモディティ・サービシズのラニー・コーエン社長 は「この日の金相場はドル安を材料に上昇した」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 8月限は前週末比11.30ドル(1.2%)高の1オンス=948.80ドルで取 引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE