NY外為(20日):ドル下落、CIT破たん回避観測で

ニューヨーク外国為替市場では ドルが下落、ユーロに対して6週間ぶりの安値。円も下げた。米商業金 融CITグループがつなぎ融資を受け入れることが関係者の話から明 らかになった。破たんを回避できるとの見方から株価が上昇し、高金利 通貨への需要が強まった。

ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対して6月2日以来の 高値を付けた。カナダ・ドルも商品高を背景に上昇した。英住宅売却 希望価格が上昇したことを受け、ポンドも高い。

UBSの為替ストラテジスト、ブライアン・キム氏は「リスク資 産が求められている。強い確信があるわけではないようだが、株式に は購入意欲がみられる。安全な逃避先の需要は薄れ、ドルと円が売り 圧力を受けている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時12分現在、ドルはユーロに対して前 週末比0.9%安の1ユーロ=1.4232ドル。一時は1.4249ドルと、 6月5日以来のドル安・ユーロ高水準を付けた。前週末は1.4102ド ル。円はこの日、対ユーロで0.9%安の1ユーロ=134円10銭(前 週末は132円85銭)。一時は3日以来の安値となる134円76銭を 付けた。円はドルに対し1ドル=94円26銭(同94円19銭)だった。

レンジ取引

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は一時、78.799と6月3日以来の安値を付けた。同指数は3月 4日にほぼ3年ぶりの高値を付け、6月2日には年初来安値を付けた。 6月初旬以降、80の上下およそ1.5%のレンジ内で推移している。

BMOキャピタル・マーケッツの為替セールス担当ディレクター、 ジョナサン・ジェンチャー氏(トロント在勤)は「相場はレンジから抜 け出していない。市場ではリスクをとる意欲はあるが、ある程度の慎重 さも残っている」と語った。

シティバンクの通貨ストラテジスト、トッド・エルマー氏(ニュー ヨーク在勤)は20日付の調査リポートで、リスク通貨の上昇見通しは 不透明だと指摘。その理由として、経済指標に「シフトダウン」が見え 始めていることを挙げた。

主要国の経済指標の市場予想とのかい離を示すシティの指数は17 日現在で31。1カ月前の51から低下傾向にある。同指数はプラスな ら、エコノミスト予想を上回っていることを示す。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが20日に発表した6月の 米景気先行指標総合指数(LEI)は前月比0.7%上昇。エコノミス ト予想中央値0.5%を上回った。5月は1.3%上昇。

円安

円は主要16通貨すべてに対して下落。対NZドルでは1.9%安、 豪ドルに対しては1.6%下げた。低金利通貨で資金を調達し、高金利 通貨で運用するキャリー取引が加速するとの思惑が背景。

ニュージーランドの政策金利は2.5%、オーストラリアは3%。 一方、日本は0.1%、米国は事実上のゼロ金利政策をとっている。

米商業金融CITグループは、債券保有者が示した30億ドル(約 2837億円)のつなぎ融資の受け入れで合意した。融資期間は2年半。 事情に詳しい複数の関係者が20日明らかにした。

ステート・ストリートなどの決算発表を今週、控えていることも円 やドルの売り材料となった。ブルームバーグがまとめたデータによると、 8日以降に4―6月(第2四半期)決算を発表したS&P500種株価指 数構成企業の利益は、平均で予想を15%上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE