仏BNP、投資銀行部門の自主退職計画で行き詰まり-トリビューヌ紙

仏紙トリビューヌは20日、自主 退職計画に基づいて投資銀行部門で204人の削減を目指す仏銀BN Pパリバで、行員の退職が進まない状況になっていると報じた。労働 組合に加盟する匿名のメンバーの話を引用して伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。