仏BNP、投資銀行部門の自主退職計画で行き詰まり-トリビューヌ紙

仏紙トリビューヌは20日、自主 退職計画に基づいて投資銀行部門で204人の削減を目指す仏銀BN Pパリバで、行員の退職が進まない状況になっていると報じた。労働 組合に加盟する匿名のメンバーの話を引用して伝えた。

同紙によれば、最大1年10カ月分の給与を支払う同計画の下で 退職したのは5人未満。同計画は9月に終了する。職探しが困難なこ とを理由に、行員らは退職をちゅうちょしているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE