アジア株:日本除くMSCI指数、10カ月ぶり高値-商品相場上昇で

20日のアジア株式相場は上昇し、 このままいけばMSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は10カ月 ぶり高値で終了する勢いだ。原油や金属相場が上昇したほか、前週末 発表された米住宅着工件数が予想外に増加したことがきっかけ。

銅生産で中国最大手の江西銅業は5.7%高。シドニー市場では、 建設資材メーカーのジェームズ・ハーディ・インダストリーズが5.9% 上昇。中国人寿保険は、中国当局が国内保険会社の1-6月期利益が ほぼ倍増したもようだとしたことから、香港市場で5%上げた。イン ドのタタ・コンサルタンシー・サービシズは15%の大幅高。アナリス ト予想を上回る同社の黒字が好感された。

MSCIアジア太平洋指数(日本除く)は香港時間午後3時23 分(日本時間同4時23分)現在、前週末比2.6%高の341.96。この ままいけば昨年9月26日以来の高値となる。日本市場は海の日の祝 日で休場だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE