アジア時間の外為:円が対ユーロで2週間ぶり安値-景気後退緩和か

20日のアジア時間の外国為替市 場では、円が対ユーロで2週間ぶり安値を付けた。今週発表の欧米経 済指標で世界的なリセッション(景気後退)が和らいでいる様子が示 されるとの見方から、避難先通貨としての円需要が弱まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。