【今週の債券】軟調か、長期金利の反転基調継続-20年債入札警戒も

今週の債券相場は軟調(利回りは 上昇)な展開が見込まれる。今月に入って低下基調が続いてきた長期金 利が反転基調となっており、こうした動きが継続する見通し。また、週 半ば実施の20年国債入札に対する警戒感も相場の重しとなりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。