最も読まれた日本語記事(前週)-首位は「野村がオフィス交換」協議

前週(7月12日-7月18日)に 最も読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の 通り。{JREAD}画面に基づき19日夕刻時点で集計(番号をクリックす ると記事が表示されます)。

1.野村:バークレイズと東京オフィス「交換」協議-ヒルズ撤退へ 2.日本株は9日続落、解散総選挙観測で景気を不安視-輸出や素材 3.「超円高」的中の若林氏:ドルは2年後74円、以後100年円安へ 4.モルガンSの15歳インターン、現代の若者像リポートで反響呼ぶ 5.米ゴールドマン:4-6月期過去最高益、市場予想上回る 6.日本株は10日ぶり反発、米金融株高や業績改善期待-景気敏感株 7.シティなどが採用予定者に高額報酬提示、ゴールドマンに対抗 8.日本株は資源や輸出中心に上昇、景気悲観が後退-午後は失速 9.TOPIX小反落、金融や不動産中心に下げ-インテル効果限定的 10.米国株:反発、銀行株に買い-ホイットニー氏の推奨で

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE