ジャカルタ自爆テロはテロリスト、トップ容疑者と関連-AFP通信

AFP通信は18日、インドネシアの 首都ジャカルタの2つのホテルで起きた爆弾テロ事件について、マレー シア人のテロリスト、ノルディン・モハマド・トップ容疑者と「明らか に関連がある」と伝えた。テロ対策の当局者の話を引用している。トッ プ容疑者は2002年のバリ島爆破事件の中心人物とされ、インドネシア当 局は05年にもう1人の首謀者とされるアズハリ・フシン容疑者を殺害し たが、トップ容疑者は逃れていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。