ピケンズ氏のBPキャピタル、年初来好調で新規顧客を募集-関係者

米資産家ブーン・ピケンズ氏が 創業し、会長を務める米資産運用会社BPキャピタルは運用するヘッ ジファンドの年初からの投資収益率が最大で79%と好調なことを受 け、新規顧客の獲得に動いている。事情に詳しい関係者2人が明らか にした。同社は2008年に投資損失を計上し、顧客の解約が相次い だ。

情報が非公開であるため匿名を条件に語った同関係者によれば、 ピケンズ氏は過去2週間にニューヨークで投資家と会い、資金を募っ た。同社は株式と先物に投資する「エナジー・エクイティ・ファンド 2」と、先物のみを取引する「エナジー・ファンド2」で新規顧客を 募集している。同社は両ファンドへの新規顧客の加入を締め切ってい たが、今回あらたに募集する。

BPキャピタルのマーケティング資料によると、08年初めに 40億ドルあった運用資産は約5億ドルに縮小した。当初設定された 「エナジー・ファンド」は98%縮小し、「エナジー・エクイティ・ ファンド」は64%を失った。原油先物相場は昨年、最高値の1バレ ル=147ドルから急落し、年間で54%下げた。同社は投資資産を売 却し、昨年10月には解約制限を撤廃した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE