BOA:4-6月期減益、引当金積み増し-景気の弱さ持続と予想

米銀バンク・オブ・アメリカ (BOA)が17日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算は、 前年同期比で減益となった。同四半期中には貸倒引当金を積み増した。 ケネス・ルイス最高経営責任者(CEO)は景気の弱さからの影響が 来年に入るまで続くとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。