米GE:4-6月は47%減益、金融やヘルスケア不振で

米複合企業ゼネラル・エレクト リック(GE)が17日発表した2009年4-6月(第2四半期)決 算は、継続事業ベースで前年同期比47%の減益となった。世界的な リセッション(景気後退)が金融やヘルスケア事業、NBCユニバー サル部門の業績を圧迫し、売上高は事前の市場予想を上回る落ち込み となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。