ホンダ:国内生産を1日当たり350台増産へ、9月中旬から

国内2位の自動車メーカー、ホン ダは9月中旬から国内乗用車生産を1日当たり350台増産する。ハイ ブリッド車「インサイト」やミニバン「フリード」、コンパクトカー 「フィット」の販売が好調なため。広報担当の堀内博之氏が17日、明 らかにした。

ホンダは埼玉製作所の2ラインのうち第2で、お盆休み明けに昼 夜交代の2直操業として、1日当たり生産550台を同900台へ拡大。 鈴鹿製作所は第1と第3の2ラインのうち、9月中旬以降、第1で2直 を1直とし、同800台を同550台とする一方、第3で2直のまま同 800台を同1050台へ増やす。現在は埼玉から鈴鹿へ応援を派遣してい るが、これに伴い、それを戻す。

休日出勤については、8月に埼玉の第2で1日、鈴鹿の第3で2 日間設ける。9月は埼玉の第2で2日、鈴鹿の第1と第3ともに2日、 10月は埼玉の第1と第2とも2日、鈴鹿の第3で2日とする。11月以 降は未定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE