【日本株週間展望】こう着、景況感は風見鶏-永田町の台風一過待つ

7月第4週(21-24日)の日本株 は、日経平均株価が9000円台前半でこう着しそう。市場参加者の景況 感は楽観、悲観の間で定まらず、相場を一方向に傾ける決定打になりに くい。国内政界は麻生太郎首相の衆議院解散、総選挙の実施方針に与党 自民党内が大揺れ、永田町の台風一過を待つ必要もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。