協発酵キリン:米国で血液がん治療のための抗体医薬開発へ-年内開始

協和発酵キリンは、米国で血液がん 治療のための抗体医薬の開発を開始する。開発するのは国内でフェーズ 2段階にある「KW-0761」で、米国では年内に臨床試験を始める。同社 広報担当の長谷川一英氏が17日、ブルームバーグ・ニュースの電話取材 で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。