ピカソの素描盗難事件、仏当局の捜査続く-美術館の警備問題浮き彫り

今年6月にパリのピカソ美術館か ら盗まれた美術界の巨匠、パブロ・ピカソの素描33点を含むスケッチ ブックの行方は依然、分かっていない。ピカソ美術館は、改修工事の ため来月から2年間の休館に入る予定だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。