6月米住宅着工件数はほぼ横ばいか、住宅不況緩和の兆候-調査

17日に発表される6月の米住宅着 工件数は前月からほぼ横ばいとなり、大幅増となった5月の水準を維持 するとみられている。住宅不況が緩和しつつあることを示す兆候が出て きたようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。