仏カルフール:4-6月の売上高は1.2%減-2四半期連続の減収

欧州小売り最大手、フランスのカ ルフールが16日発表した2009年4-6月(第2四半期)の売上高は 前年同期比1.2%減と、2四半期連続での減収となった。フランスやス ペインで買い物客の間に節約志向が広がったことが影響した。

発表資料によれば、売上高は234億4000万ユーロと、前年同期の 237億2000万ユーロから減少。為替要因を除いたベースでは前年同期 比0.2%増と、先月の会社予想と一致した。

ピエール・ブシュ最高財務責任者(CFO)は電話会議で、「第2 四半期も厳しい経済情勢が続いた」とした上で、「スペインを除き、す べての国で販売傾向に若干の改善が見られた」と述べた。

売上高全体の約半分を占めるフランスでは3%減の101億4000万 ユーロ。開店後1年以上のスーパーストア(大型店)の売上高は5.3% 減った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE