変動金利型住宅ローンが問題の原因ではない-地区連銀エコノミスト

米ボストン連銀のシニアエコノミ スト、ポール・ウィレン氏は16日、住宅ローン利用者の債務返済が 困難となったのは変動金利型住宅ローンが主因ではないとの見解を示 し、今回の金融危機について「広く信じられている考え」を否定した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。