来週のNY金先物:上昇か、インフレヘッジの投資需要拡大へ-調査

来週のニューヨーク金先物相場は 上昇しそうだ。インフレヘッジのための投資需要が拡大するとの見方 が広がっている。

ブルームバーグ・ニュースがトレーダーや投資家、アナリストら 32人を対象に実施した調査によると、18人(56%)が金相場は上昇 するとの見通しを示した。下落を予想したのは11人、中立姿勢を示 したのは3人だった。

エネルギー価格の上昇により、米政府が今週発表した6月の米消 費者物価指数(CPI)は前月比0.7%上昇し、同月の米生産者物価 指数(PPI)も前月比1.8%上昇となった。CPIの上昇率はブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想を上回り、PPI も予想の2倍の伸びを示した。

ゴールドマネー・ドット・コムの創業者ジェームズ・ターク氏は 電子メールで「市場は将来のインフレに重点を置き始めている」と指 摘。「6月のPPIとCPIの上昇は、米金融当局による金融緩和策の 影響が現実となり急速に迫っているというインフレ懸念を喚起してい る」との見方を示した。

過去270週の調査のうち金がアナリストの予想通りの値動きを 示したのは157週(58%)となっている。

調査結果:上昇 18人 下落 11人 中立 3人

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE